【ゲーム】FPSを辞めたい

事の発端は約4年程前になります

当時、47歳だった私は年甲斐も無くFPSというジャンルのゲームにドップリとはまっていました。

そして、その後このゲームが軽い依存症?にまで発展してしまいます。

失っていく時間、そして虚しさ......

それとは逆にやめたくてもやめられないゲーム......

当時から現在に至るまでの顛末を書いていきます。

FPSというゲーム

始めてFPSというゲームに出会ったのはoriginでバトルフィールド3が無料で提供されていたのがきっかけでした。

それまで全くFPSなんて興味もなく、ましてやマルチプレイなどコミュ症な私には無縁のものでした。

ある日、ゲーム好きの会社の後輩にバトルフィールド3ってどんな感じなの?と聞きました。

すると、この後輩は以前からこのシリーズをプレイしているようで今はバトルフィールド4をプレイしているとの事でした。

それならばと思い私もAmazonでPC版のバトルフィールド4を購入

どうやらこのゲームはマルチプレイがメインのようでSkypeでチャットしながらルールなどを教えて貰い始めました。

そもそも、チャットしながらゲームをする事自体が初めてだったので何とも言えない面白さがあり瞬く間にハマってしまいました。

週末ともなれば明け方まで一緒にプレイしたりしてそれはもう楽しのなんのって.......

やがて、ゲームにも慣れてきて一人でも平日、休日問わず時間があればほとんどをこのゲームをプレイしていました。

今まで生きてきた中でこれ程夢中になったゲームはありません

一年が過ぎた頃から後輩は飽きてしまったのかあまりプレイしなくなっていきました。

めり込んでいく一方で周辺機器も次から次へと買い替えていく

ざっと、ご紹介しますと......

モニター  32000円

マウスx7個  43000円 

マウスパットx5枚  15000円

ヘットセットx4個  25000円

左手キーボードx2個  23000円

キーボードx4個  40000円

その他いろいろ......

気になるハードを見つけるたびに買い替えるの繰り返しでした。

ざっと見積もっても180000円は使っている計算になります。

ゲームを削除

流石に、自分でもちょっとヤバイかなと感じ始め辞めようと思いゲームを削除しました。

しかし、数週間もすると無性にやりたくなり再びダウンロードしてしまう始末......

某プロレスラーの様な引退復活を何度か繰り返しながら、更にゲームにのめり込んでいく日々は続いていきました。

もはや、休日などは趣味のフライフィッシングもそっちのけ、友人の誘いもキャンセルで殆ど1日中部屋に籠りっきりでプレイしていました。

勿論、平日も仕事が終われば速攻で帰宅してひたすらゲーム.......

しかし、徐々にプレイした後の疲労感よりも一日をゲームで費やしてしまった虚しさの割合が増していく事を感じ始めます。

いい歳こいたオッサンがこれでいいのかという葛藤が全身を覆いつくしていきます......

腰への負担

暮れも押し迫る12月22日の出勤前の朝、私はぎっくり腰になってしまいました。

人生初のぎっくり腰です。

立つ事も動く事も出来ない程の痛みで、腰砕けとは正にこの事です。

何とか近所の整形外科に行くと疲労と長時間の座りっぱなしが原因らしいとの事でした。

まぁ、1週間程で殆ど痛みも治まり年末のハードな仕事も何とか乗り切りましたが......

愚かな自分

もう、バトルフィールドは辞めるべき。

そう分かっていながらも私は新年を迎えても相変わらずバトルフィールド4ばかりプレイしていました。

更に、PC版に飽き足らずPS4版にまで私のバトルフィールド4欲は波及していきました。

そして更に、愚かな私はXBOXONEを購入

ついにHALO5までやりだす始末.........

もはやここまでくると.......

そうです。

依存症す。

仕事を休んでまでとかってのはありませんでしたが、とにかく頭の中は常にゲームの事ばかりです。

早く帰ってプレイしたいあまりに当然仕事も”やっつけ仕事”が毎日のように繰り返されます。

左足の異変

2月の中頃だったと思いますが左足に軽い痺れを感じてる事に気付きます。

更にしばらくすると、痺れと激しい痛みが私の左足を占領していきます。

仕事中も午前は何とか乗り切れるが午後はもう酷い痛みと痺れで立っているのも辛い状態にまで悪化していきました。

溜まらず病院へ行くと......

”坐骨神経痛”とのことでした。

ぎっくり腰から坐骨神経痛に移行するのは珍しい事ではないらしいのですが、とにかく立ってても辛いし座ってても辛い状態です。

ところが、こんな状態になっても私はひたすらバトルフィールド4ばかりしていました。

そして4月に突入。

もはや10分座ってるだけでも左足の痺れと痛みが全開になります。

それでも続ける愚か者

目の異変

更に、この頃になると30分位プレイしてるとまぶたの裏に毎回モノモライみたいのができ目が充血してまばたきするたびに違和感が......

目の奥が痛い........

足は痺れてる.......

そして痛い........

でも、バトルフィールド4がプレイしたくてたまらない.......

気持ちとは裏腹に体が完全について行けなくなっていました。

原因は、このゲームだとわかっているのに......

痛みと痺れに耐えながらそれでもプレイする毎日........

最終手段

4月も後半に入りゴールデンウイーク前の20日頃だったと思います。

私はこのままでいいのだろうか.......と真剣に思いました。

横に置いてある鏡に映った自分の顔が余りにも情けなくて急激に自己嫌悪に陥りました。

そして、4日後の日曜日。

私はFPSに関連するゲームすべてのアカウントを抹消しました。

アカウントに他のゲームやウォレットにも残高があったが、そんなのはどうでいいと思いました。

とにかく、FPSに関するすべてを徹底的に排除しました。

FPSを辞めて約1か月半後........

足の痺れは取れないままですが痛みは大分良くなりました。

まぶたのモノモライなどは当然ありません。

FPSを辞めた事によってもっとスッキリした気持ちになれるだろうと思っていたのですが.....

何故かスッキリしません。

今まで夢中になってたものを強引に全て排除してしまった為なのでしょうか......

その穴を埋められずにいるからなのでしょうか.......

だからと言ってまたバトルフィールド4を含めたFPSをやろうとは思いません。

憑りつかれたようにプレイしていたあの空間には二度と戻りたくないと強く感じていたからです。

でもなんででしょう.......

ただ、ひたすら虚しかったのを記憶しています。

そして、現在の私は......

残念ながら昨年2月頃からPS4版のバトルフィールド4をプレイしてしまっています。

硬い決意と共に辞めたはずなのに......

本当に情けないです。

実は、このブログを始めたのもこのゲームを辞めたかったからです。

ブログに時間を費やせば自ずとゲームの時間を減らせると思ったからでした。

しかし、そんな単純なものではありませんでした。

結局どう見積もってもゲームをしている時間の方が圧倒的に多いのが現状です。

今後について

間もなく、2月になります。

2月15日で私のアカウントのPS Plusの期限が切れます

これを機に再び辞めようと考えていますが自信がありません。

多分、半年位はどうにかして辞められると思いますがこのままではいずれまた復活してしまうでしょう。

ネット上でも色々調べてみましたがやはり環境をかえるしか方法が無さそうです。

ゲーム機は無くす事が出来てもPCはもはや生活必需品ですので無くす事は出来ないのが現状です。

つまり私の場合は環境を180度変える事は不可能かもしれません。

とにかく、2月15日で辞めます。

前回の時のように強引に全てを排除するのではなく、このブログも含めて他に出来るだけ目を向けてやってみたいと考えています。

まとめ

【たった一つの妥協から全てが崩れ去っていく事】

一言で言えばこれに尽きます。

妥協とは本当に恐ろしいものです。

自分の意志の弱さ痛感させられました。

一日一日を何とか克服して半年後良い意味でご報告出来ればと思っています.......。

 

 

おすすめの記事