波の数だけ抱きしめて

【ホコリまみれのビデオテープ】

先日、何となく部屋のかたずけを始め、手つかずの本棚の一番下に今更ながらビデオテープがある事に気が付きました。

ビデオデッキなんてもう随分前に処分してしまったのでテープだけあっても無意味です。

なので捨てようと思い棚の下からホコリまみれのテープを取り合えずゴソゴソと取り出します。

ビデオテープなんて久しぶりに手にしました。

何だか懐かしくなり一つ一つテープに書かれている手書きのタイトルを見ていく私.....

随分とマメにやってたんだなぁ~

とか思いながら、ふと一本のビデオテープのタイトルに目が留まった。

【波の数だけ抱きしめて】

いゃ~、懐かしすぎます。

間違いなく今までで一番繰り返し観た映画です。

そう言えばサントラ持ってたっけ.....

とか思って部屋のかたずけそっちのけで今度はサントラを探し出し始めます.......

ところが以外にもあっさり見つかりました。

早速聞きます......

JD Souther【YOU`RE ONLY LONELY】

イントロが流れると同時に一瞬にしてあの頃へタイムスリップしました。

あの頃サーフィンに夢中だった私はガソリンスタンドのバイトを深夜2時に終え、そのまま大磯へと良く行ってました。

車はセドリックワゴン。

サーフボードをルーフキャリアに乗せ、カセットテープにダビングしたこのサントラをオンボロのデッキで流しながら......

淡い思い出が蘇ってきます。

TOTO 【ROSANNA】

Bertie Higgins 【KEY LARGO】

Ned Doheny 【EACH TIME YOU PRAY】

George Duke 【SHINE ON】

などなど......

特に、TOTO の【ROSANNA】は今聞いてもテンション上がります。(笑)

【憧れてた年上の彼女】

当時、私は同じ職場の一つ年上女性に恋焦がれていました。

ある日、思いを伝えようと思い切って映画に誘いました。

その時観た映画が波の数だけ抱きしめてでした。

映画を観終わった後にドキドキしながら思い切って告白しました。(初心でしたね....)

その時彼女から言われたセリフが.....

恋に恋してるだけだよ.....

でした。

まぁ、見事に交わされたって感じですかね。(笑)

次の日......そして転勤

昨日の今日で何とも仕事に行くのが気まずくてどういう態度で接すればいいかと。

ところが、彼女はいつもと変わりなく接してくれました。

昨日、私が告白した事などまるでなかったかのように....

おかげで、周りにも悟られずその後も気まずくならずに仕事を続けられました。

今思えば、彼女は一つだけ年上でしたが遥かに大人でしたね(笑)

それから約一年後、彼女は転勤で千葉の方へ移動になります。

あの告白がきっかけである意味とても良い関係になっていたので私は物凄くショックでした。

男と女の間に友情は芽生えない

と言われますが、彼女との間にはそれに近いものがあったと思います。

そして、男女15人ほどの同僚が集まり彼女の送別会が最後の日にカラオケボックスで行われました。

円もたけなわ、感極まり彼女が泣いていたのを今でも思い出します。

その後

移動になってからも1年程は時々電話で近況などを話したりしていました。

その後、私は友人からの誘いもあって別の会社に就職する事になりこの会社を退職しました。

転職しても時々は電話はありました。

しかし、それも徐々に減っていき何時しか連絡もしなくなり時間が流れていきました。

数年後、共通の友人から彼女が結婚したと聞きました。

その時、私も付き合っている彼女がいたので友人から新居の場所を聞いて2人でお祝いの意味で尋ねました。

残念ながら旦那さんは仕事で不在でしたが、久しぶりに見た彼女はとても幸せそうで羨ましい限りでした。

帰り道、助手席の彼女を見て将来のビジョンが私の心を埋め尽くしていったのを覚えています。

この彼女とはその後別れてしまいますが......

思い出

波の数だけ抱きしめて

この映画のオープニングに流れてくるユーミンの

【心ほどいて】♫

この曲を聴くたびに一緒にこの映画を観に行った彼女の事を思い出します。

そして若かったあの頃の自分自身、その後に起こる様々な出来事......

あれから、25年の月日が経とうとしています。

私は今も変わらず独身のままな訳で.......

月日の流れは本当に早いものですね。

何だか段々切なくなってきました(笑)

冬の休日は、こんな映画でノスタルジックな気分を味わいながら鑑賞してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

おすすめの記事