【釣り】今季初!オイカワフライフィッシング

2019年オイカワフライフィッシングSTART!

2019年3月9日(土)今シーズン初のフライフィッシングに行ってきました。

狙いは勿論オイカワです。

例年は4月末位からスタートするのですが珍しく土曜休みで2連休、そして天気も良好です。

もう居ても立っても居られません。

釣りに行きます。

場所はいつもの入間川

勿論、年券も先週購入致してあります。(オイカワをフライで釣るには特乙券が必要になります)

それにしても私はなぜ2時間近く掛けわざわざこの川に行くのでしょうか?

駅からも結構歩くし。

自宅からはどう考えても多摩川の方が近いのに.....

特に明確な理由はございません。

単純に初めてフライフィッシングでオイカワを釣ったのがココだったから.....

釣り人が少ないからバサーはチラホラ見かけます)

多摩川は漁協の管轄が7つに分かれていて何だかややこしから

まぁ、こんなとこです。

入間川到着

沈丁花の香りがどこからともなく漂ってくる中、のらりくらりと歩く事30分入間川に到着しました。

先週の雨のせいか若干川の水は濁っていました。

一先ずいつものポイント目指して川沿いの自転車道を歩いて行きます。

途中、ウグイスが鳴いていました

今シーズン初観測です。

沈丁花の香りにウグイス......

春の到来を感じながらひたすらポイント目指して歩きます。

ポイント到着

時刻は午前11時になりました。

因みにこのポイントはイオン下の堰堤付近になります。

土手の上からポイント周辺を見渡すとバサー?の方が2人程いました。

大体いつもバサーらしき方がここでやってますが釣れてる所を見た事がありません.....

懸念されてた濁りもこの辺りはほとんど無く気温も上がってきて期待が持てます。

ウェーダーを履き、ロッドを繋ぎ、リールをセット。

はやる気持ちを抑えつつセッティング完了です。

下流方面はバサーの方がやってるので私は堰堤付近のやや上流を目指し川をジャバジャバと横断していきます。

先ずは昨年、良く釣れたこの場所から初めてみます

実釣開始

当然の事ながらライズはありません

しかし、よく水面を見てると時々もじるうな感じが見受けられます。

一応、生体反応はあります。

昨年巻いておいた超簡単#20ミッジでスタート!

第一投目、無反応。 第二投目、無反応。 第三投目、無反応

その後もひたすらキャストを繰り返しますが、ひたすら無反応です。

それでも振ります

振ります

振ります

マシーンの如くひたすら同じ動作を繰り返します。

This is machine。

地上は春めいてきてますが、水中はどうやらまだ冬のようみたいです。

堰堤直下付近まで釣り歩きますが全く反応ありません。

一先ずコーヒーブレイクです。

幻の一匹

気持ちとフライをリニューアルして最初のポイントに戻ります。

しばらく水面を眺めていると......

やはり、ここはもじりが観られます。

再びキャストを繰り返していると......

ゴツン!

ついにHIT!です!

10cm程のオイカワです!

慌ててiphoneを取り出し、モタモタしながら撮ろうとしていると.....

身をクネらせ、フックを外し川に戻っていきました。

残念無念。

サッサと撮ればよかった......

でもこれでオイカワがいるのは分かったので気を取り直して再開します。

しかし、再び無反応状態。

それでもひたすらキャストを繰り返していると.....

コツン

と小さなアタリが.....

合わせるがHITしません

すかさずラインのテンションを緩めフライをフォールさせます。

すると再び小さくアタって何とか二匹目?をゲットしました。

6cm程の痩せた小さなオイカワです。

調子に乗ってその後もキャストを繰り返しますが無反応の為、この日は終了です。

帰り道

ボウズ覚悟で行ったので二匹?ゲット出来ただけでも満足な釣行となりました。

ですが、やはりまだ時期的に早いみたいですね。

それでもこの時期、晴れて暖かくなってくれば行きたくなるのが釣り人の心情というものです。

本格的な春が待ち遠しいですね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事