【Amazon】19時から21時にお届け予定でしたとは?

Amazonタイムセール祭り

私は毎日Amazonのサイトを観ます。

 

気になった商品などはその都度、欲しいものリストに入れておいてポイントUP目当てでタイムセール祭りなどにまとめて購入する事が多いです。

 

さて、私の自宅には注文した商品のほとんどがヤマト運輸で届きます。

 

たまに日本郵便でも届くのだが今回はヤマト運輸でした。

 

Prime会員になっているので殆どの注文した商品は今回も含め、日付と時間を指定(19時~21時)で注文します。

 

ヤマト運輸さんの場合大体20時前後に来る事が多いです。

 

過去一度だけ21時半過ぎに遅れた事はあったが(遅延のTEL有り)それ以外は指定された時間内に配達されてます。

 

ところが、今回は20時30分過ぎても来ません。

 

今回のタイムセール祭はいつもより荷物が大量に出荷されたのかな?とか思いながら待つが21時過ぎても届きません。

 

更に30分経過.......

 

時刻は21時30分。未だ届かず........

 

そして更に待つこと30分。

 

時刻はとうとう22時を過ぎました。

 

流石におかしい?と思いAmazonのサイトを開きました。

配達状況を確認するとこんな画面が.......】

f:id:soreno-tobira:20181106112308p:plain

は?【お届け予定でした】とは?

 

ヤマト運輸に連絡するにしても営業時間過ぎてます。

 

更に【お届け予定でした】と他人事のように表示されても、一体私の荷物はこの後どう配達されるのか良く分かりません。

 

ちなみに、会社は違うけど私も配達の仕事をしています。(郵便局です)

 

Amazonをはじめ楽天もメルカリも配達してるが万が一指定された時間内に配達が困難な場合は全て連絡を入れます。

 

そんな時の為に電話番号が記載されています。

 

まぁ、連絡がつかないお客様にはどうしようもありませんが......

 

いずれにせよ、私の会社ではいかなる場合でも連絡も入れずにこちらの都合で翌日配達にしようものなら大問題になります。

 

間違いなく顛末書コースです。

 

それはさておき【お届け予定でした】の後にせめて【誠に申し訳ございませんが翌日以降の配達となります】ぐらい付け加えてあれば察しがつくと思いませんか?

 

近年、Amazonをはじめとするネット通販の需要拡大により、各運送会社は大変困難な状況下で運営していると思われます。

 

ましてや末端の配達員はかなりのストレス下で働かされているのが現状です。

 

実際、私自身がその通りで、昼食を10分で済ませ残りの昼休みの時間さえも配達に充てなければ追いつきません。

 

会社がこの状況を改善しようとあれこれ手を打ってくれてるのは分かるが所詮【卓上の理論】であり、目線が現場とどうもずれているような気がしてなりません。

 

それでも、いつかはこの状況も改善されていくのでしょう。

 

しかしそこにたどり着くにはまだ相当の年月がかかるだろうし、その間配達員は常に時間との戦いを余儀なくされ非常に厳しい状況下で働く日々が永遠と続きます。

【まとめ】

話が少々それましたが......

 

今回の件についてはこの表示方法に一番の問題があると思います。

 

【誠に申し訳ございませんが翌日以降の配達となります】

 

たったこれだけを付け加えてさえいれば全てのお客様とはいかないかないにも、おおよその状況は把握できるのではないでしょうか。

 

因みにこの荷物は翌日の20時頃に配達されました。

 

特に謝罪の言葉も無く普通に配達されました。

 

私の場合、状況がある程度察しがつくのであえて何も言いませんでしたが一般のお客様だったら疑問に感じると思います。

 

このような配達の仕方でヤマト運輸さんの方々は上司から何も言われないのでしょうか?

 

もしそうだとしたら........

 

正直羨ましい?です。

 

私にはこの様な配達のやり方は解雇を覚悟でもしなければ絶対にできません。

 

こんな状況で将来、快適かつスムーズなネット通販を楽しめるそんな未来は果たして来るのでしょうか.......

 

そうなる日を願いつつ私は明日も配達します。

おすすめの記事