【郵便】配達業務における不当要求とその対応

クレーム対応

どの企業にもクレームなどに対する対応マニュアル等が存在すると思います。

さて、郵便配達における対応とはどのようなものになっているのでしょうか。

今回は私が把握している範囲内でその一部をご紹介して行きたいと思います。

黄字がお客様でその下に会社側の対応という形で書いていきます。

 

責任を取れ!

どのように責任を取ればよろしいでしょうか。

具体的に教えてください。

誠意を見せろ!

誠意とは具体的にどのような事なのでしょうか。

具体的なご要求は何でしょうか。

気持ちを示すだけで良いから.....

気持ちとは具体的にどのような事でしょうか。

マスコミに公表するぞ!

マスコミに公表されることはお客様のご判断ですので、当社から申し上げる事はございません。

不祥事が公になると、郵便局は大変な事になるぞ!

マスコミに公表されることはお客様のご判断ですので、当社から申し上げる事はございません。

訴えるぞ!

訴えるのはお客様のご判断ですので、当社から申し上げる事はございません。

ネットに書き込むぞ!

ネットに書き込まれる事はお客様のご判断ですので、当社から申し上げる事はございません。

知り合いの弁護士もおかしいと言っている

どこの弁護士がどのような事を言ってますか?

弁護士の方を通じて書面で申し立てて下さい。

一度会って話をしよう

お会いする必要はございません。

自宅まで謝罪に来い!

自宅までお伺いさせていただく事はございません。

一人で対応しろ!

単独での対応はお断りさせていただいております。

女じゃ話にならん、男を出せ!

本件の責任は私です。

金を払えば許してやる

金銭のお支払いには応じる事はできません。

メモを取るな!

お互いに誤解がないよう正確を期するためメモは取らせていただきます。

録音するな!

お互いに誤解がないよう正確を期するため録音させていただきます。

まとめ

こうやってあらためて書き出してみると一つハッキリと見えてくるものが有ります。

クレームに対しては【配達員が全て対応しろ】という事です。

言ってる事は間違いでは無いですが何とも不快な気持ちになってきます。

お客様→配達員←上司(会社)

まぁ、良くも悪くもこれがサラリーマンそしてサービス業の宿命ですね。(涙)

光陰矢の如し......

後悔先に立たず.......

様々な言葉が私の頭の中を高速で駆け抜けていきました.......(-_-)

 

 

 

おすすめの記事